演者紹介

Junmi(Piano)

2歳からピアノを始めました。
いったんは音楽への道を諦めピアノから遠ざかっていましたが、18年ぶりに再開、現在はピアノ演奏を生活の一部として日々練習を続けています。
これまでピアノを望月房子、廣田洋子、中西真理子、小泉順子各氏に、声楽を中西真理子氏に、ソルフェージュ・音楽理論を廣田洋子氏に師事してきました。
今はレッスンを受ける傍ら、コンクール・各種演奏会への出演や、自身によるピアノサークル、演奏会の主催など広く活動を続けています。
バロックから現代音楽まで「弾いたものはなんでも好き」ですが、近年は特にショパンと三善晃を学んでいます。
再開してまだ期間が短いため、技術向上とともに昔は触れる機会がなかった曲から学びを得て活動していきたいと思っています。

Kimura(Piano)

あまたいる会社員ピアニストの一人。幼少時は気合い入らず小学校まででピアノを中座。大学時代に再開して以後、正当な音楽教育を受けることもなく、流して何となしに続けてきたが、令和に入り新しいことをやろう、とコンクール出場を決意し、同年、山本佳澄先生に師事。日本ベートーヴェンピアノコンクールにて、総合グランプリ受賞。また、エリーゼ音楽祭ピアノコンクール全国決勝にて、金賞受賞。推しの作曲家は、断然ベートーヴェン。そして少し米津玄師。(新築の自宅1階はピアノのある音楽サロンです。ぜひお越しください!)

 

Masumoto(Piano)

学生時代を通じてピアノを学ぶも、就職を機に中断。20数年のブランクを経て、子供のバイオリン伴奏をきっかけに再びピアノ熱に目覚め、練習を再開し今に至る。
現在は自分の好きな曲をマイペースで弾くことをモットーに、サークルや弾き合い会での演奏を楽しんでいます。
まだ再開して日が浅いためレパートリー不足が悩みの種ですが、最近はリストやラヴェルの曲を好んで演奏しています。

 

 

Mai(Piano)

幼少から小・中・高校時代までピアノを習学。拙いレベルながらギターやパーカッションを並行して経験したことで、幅広いジャンルの音楽に親しみました。30歳半ばまでジャズやポピュラーに多く携わる生活を送っていましたが、とある美術展でストラヴィンスキーの曲を聴いたことをきっかけに、クラシック音楽への関心が芽生え、稽古を再開。名曲を弾ける喜びをじわじわと覚えて、ピアノを弾くことがかかせないことになりました。立体感のある演奏を目指して日々練習に励んでいます!

Jini(Piano)

幼少期から中学生の頃までピアノレッスンに通っていましたが、大の練習嫌いで部活を理由に中断。十数年のブランクを経て再開しました。
大人になった今では、ピアノを通じてさまざまな人との出会いや刺激をうけ、自分でも驚くほどにクラシックの魅力にハマってしまいました。
普段はサークル活動に参加したり、月に数回レッスンに通い、細く長く続けられるようマイペースに趣味として楽しんでいます。
人前で大曲が弾けるようになりたいなという密かな目標を持っていたので、この演奏会をきっかけにして少しずつチャレンジしていこうと思います。

Masashi(Cello)

ピアノは5歳(たぶん)からはじめましたが、小4で中断しました.。でも中学生ぐらいからまたピアノが恋しくなり暇なときにパラパラ弾いていました。
中高ではクラシックギター、エレキギターにハマった時期もありました。

大学時代はオーケストラでチェロを弾いていました。卒業後も市民オケでしばらくやっていましたが、家庭や仕事との両立が難しくなりこれも中断。

ところが子供が弾かなくなった電子ピアノを弾いているうちに楽しくなり、数年前から先生について本格的にピアノを再開しました。
さらにピアノ教室でのミニパーティなどでチェロ演奏を勧められた事をきっかけに、チェロも再開し、折に触れて演奏しています。

Keiko(Piano)

自分の人生に欠かせないピアノと酒。
どちらもジャンルに関係なく出会ったものは大体好物です♪
学生時代ピアノを習っていた先生にススメられたラフマニノフは20年経った今も大好きで、ピアノ協奏曲にも挑戦してます。
空耳が多いのでそれを活用してアレンジやメドレーの作成を時々しています。
聴いてくださった方がワクワクしていただけたら嬉しいです。

TOP